七夕の短冊の「色」には意味があった!願いが叶いやすい書き方も解説

7月7日の七夕は、織姫と彦星が年に1度で会える特別な日。

夜空に流れる天の川を見上げて、二人に思いを馳せる人も多くいることでしょう。

七夕にやることの代表的なものとして、短冊に願いを書いて笹の葉につるすというものがありますね。

子供の頃、学校で書いたことがある人も多いのではないでしょうか。

そんな笹の木に吊るされた色とりどりの短冊。

じつはこの短冊に使われる色にも、ちゃんと意味があることを知っていましたか?

これを知っておくと、七夕の時期にいろいろな場所にある笹の木を見るのが楽しくなるかも…