NaturallyロゴNaturallyロゴ

“自然”と“キレイ”にこだわる女性のための情報サイト

2017/10/24 08:30

あなたは見た目で損してない?顔のむくみを解消してすっきり顔に!

  
あなたは見た目で損してない?顔のむくみを解消してすっきり顔に!

朝起きて鏡を見た時に、顔がパンパンになっていたりまぶたが腫れていてビックリしたことはありませんか?こういった「むくみ」で悩む方は少なくありません。

一番人の目につく「顔」だからこそ、むくんでいたらショックだし、気になりますよね。
体重は増えていなくても太って見えたり、不健康そうに見えたり、フェイスラインがぼやけてメイクもしにくかったり…。顔がむくんでいると、気分も重くなってしまいます。

一般的に女性の方がむくみやすい体質だと言われています。その原因を知って、自分に合った対処方法を試してみてください。一回り小さい、すっきりしたフェイスラインを手に入れましょう。

むくみの5つの原因

顔のむくみは、基本的に顔に水分が溜まっている状態。その原因は大きく5つに分けられるので、まずはあなたのむくみの原因を探ってみましょう。

1.寝不足
寝不足

「疲れた次の日にむくみやすい」という人は、その疲れをしっかり取れていないのかもしれません。
疲れを取るのには睡眠がとても大事だというのは皆さんご存じでしょう。

体に疲れがたまると、体内の酸素が不足して、血管が膨張します。そうすると、溜まった水分が血管に邪魔されて、うまく排出されずにむくみになってしまうのです。

2.糖分・塩分の摂り過ぎ

人間の身体は、いつも塩分濃度を一定にしようという働きがあります。
塩分を過剰に摂るとその分、身体が水分を保とうとするので、むくみにつながります。
特に塩分の摂り過ぎの場合は、まぶたの辺りに出やすいようです。

また、糖分は水分を吸収するという特徴があるので、糖分を摂り過ぎるとそれだけ体内の水分量が増え、むくみが生じてしまうのです。糖分は塩分と違って、脂肪にもなりやすいので注意が必要です。

3.アルコールの摂取
アルコールの摂取

お酒をたくさん飲んだ次の日に、顔がパンパンにむくんでしまったという人は多いのではないでしょうか?

アルコールには利尿作用があるので、一見、水分がうまく排出されているような気分になるかもしれません。実はその反面、水分を溜めこんでしまう原因にもなっているのです。

4.リンパの流れの滞り

リンパは内臓や皮膚など、全身に網の目状に広がっています。細胞から排出された老廃物を運んだり、体内に水分を運んだり、身体にとても重要な役割を担っています。

そのリンパの流れが滞ると、老廃物や水分が排出されずに身体の中に溜まって、むくみの原因となるのです。リンパの流れの滞りが原因でむくんでいる場合、慢性的なむくみになりやすいので気をつけましょう。

5.ホルモンバランスの乱れ

特に女性は身体がデリケートで、ちょっとした睡眠不足や生活習慣の乱れでも、ホルモンバランスが悪くなってしまいます。

ホルモンバランスの乱れは、むくみの原因にもなりますが、情緒不安定や生理不順など、様々なトラブルにつながったりするので、正しい生活習慣を送ることが大切です。

3つのむくみ解消法

1.マッサージでむくみ解消
マッサージでむくみ解消

一番手軽なむくみの解消法は、やはりマッサージです。朝、むくみが気になった時にぜひ試してみてください。
顔の余分な水分を流れやすくするために、最初に首をほぐすことをおススメします。

まず首を右に3回、左に3回、大きく回します。次に、鎖骨の上にあるくぼみに指を入れて、左右それぞれ20回くらい押しましょう。力はあまり入れなくても大丈夫です。

そして顔をほぐしていきます。
あごから耳の上にかけて手のひらで押すように引っ張り上げます。何度か繰り返したら、耳の後ろから首筋、鎖骨にかけて指の腹を使って流してください。
これを1分ほどするだけでも、大分むくみが解消されますよ。

また、目もとのむくみはまぶたの目頭から目尻にかけて、指で強めなぞっていきます。目尻の部分で指を止めたら、そのまま斜め上に指で引き上げて20秒キープ。
目もとのむくみに効果的です。

2.蒸しタオル・冷たいタオルを交互にあててむくみ解消

温かいタオルと冷たいタオルを交互にあてると、血行が良くなります。
水に軽く濡らしたタオルを電子レンジで1分ほど温めてホットタオルを作り、冷たいタオルと30秒ずつ交互に顔の上に置きましょう。

タオルの上から、顔を下から上へ円を描くようにマッサージすると、より効果的になりますよ。

3.枕を少し高くしてむくみ解消

普段の生活の中では、リンパや血液は下半身に集まりやすくなります。
それが寝ている間に頭部にも流れるようになるため、朝に顔がむくむ原因になります。なので、ある程度硬くて高さのある枕を使うと良いでしょう。

ただ、あまり枕が高すぎると肩や首のコリの原因となったり、気道が圧迫されていびきが出やすくなったりと、悪影響になるので枕は慎重に選んでくださいね。

むくみの予防法

むくみの予防法

むくみの原因とその解消法を簡単にご紹介しましたが、できればなるべくむくまないような生活を送りたいものですよね。それでも時々はアルコールや塩分・糖分も取ってしまうもの。

まず、お酒を飲んだら、ミネラルたっぷり含んだお水を飲み体内のアルコールを薄め、なるべく酔いをさましてから寝るようにしましょう。アルコールが残ったまま寝てしまうと、全身にアルコールが回り、むくみやすくなります。

また、カリウムには余分な塩分を排出する働きがあるので、塩分を摂りすぎた時は意識してとるようにしましょう。カリウムは昆布やひじきなどの海藻類、いもや豆類などに多く含まれています。果物ではバナナが良いです。

むくみは水分が溜まった状態なので、ストレッチやマッサージなども意識してするようにしてください。特にお風呂の後のストレッチは効果的です。

むくまないような生活習慣を心がけつつ、もしむくみが出た時には自分に合った解消法をしっかり行って、すっきりした顔を手に入れてくださいね。

ページトップボタン