NaturallyロゴNaturallyロゴ

“自然”と“キレイ”にこだわる女性のための情報サイト

2017/11/1 08:15

飲む黄金!オリーブオイルの効果を知っていますか?

  
飲む黄金!オリーブオイルの効果を知っていますか?

「油」というとダイエットにもあまり良くないイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。でも油と言っても色んな種類があります。

特にオリーブオイルは「飲む黄金」とも呼ばれ、逆にダイエットやコレステロール対策にもなります。
また、美容や健康に効果的な成分がたっぷりと含まれているのです。

オリーブオイルの効果や効能を知って、よりその効果を発揮できるように、意識して摂取するようにしましょう。

コレステロールの低下作用

コレステロールの低下作用

オリーブオイルにはオレイン酸がたっぷり含まれています。このオレイン酸は、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる作用があると言われています。

コレステロールは乳製品や動物性脂肪に多く含まれていて、このような食品を摂り続けると、生活習慣病(肥満・動脈硬化・糖尿病・高血圧など)の原因となる悪玉コレステロールが血液中に増加してしまいます。

コレステロールを摂らない食事というのも難しいですし、やはりたまには食べたいものもあるでしょう。
気になる方は積極的にオリーブオイルを摂取するようにしましょう。

また、オリーブオイルには血小板の凝血作用を抑制する働きがあり、動脈硬化の予防にもなりますよ。

抗酸化作用

脂肪は酸化すると、がんや脳血管障害、心臓病、糖尿病などの原因になります。
しかし、オリーブオイルに含まれるオレイン酸は酸化しにくい脂肪なので、そのような病気を予防する効果が期待できます。

また、オリーブオイルにはポリフェノールも含まれているので、抗酸化作用も期待できます。

ここで大事なのは、ポリフェノールの効果はあまり長く持続しないということ。
毎日継続して摂取することをお勧めします。

ビタミンEも重要な栄養素で、細胞や血管の老化を防ぎ、若々しさを保つ効果がありますよ。

ダイエット効果

ダイエット効果

オリーブオイルには約7割をオレイン酸が占めています。このオレイン酸が、満腹中枢に働きかける作用があるので、食事の1時間前にオリーブオイルを摂ると満腹感を得やすく、無理せず食事の量を減らすことができます。

そしてオレイン酸は皮下脂肪の原因となる中性脂肪をつきにくくしてくれる効果もあり、さらに血糖値をコントロールするインスリンの働きを助け、体脂肪が溜まりにくくなる効果もあるのです。

同じ油でも、こんなに効果があるなんてびっくりですね。

整腸作用

整腸作用

オレイン酸は、小腸で消化吸収されにくい性質を持ち、その上腸に刺激を与えて動きを活発にしてくれます。なので便秘解消の効果が期待できます。
いわば「天然の便秘薬」

便秘がちな方は、毎食前にスプーンに1~2杯のオリーブオイルを摂ると良いと言われています。
特に腸のぜん動運動が活発な朝に飲むのがお勧めです。2週間ほど続けることで効果が現れるそうです。

直接飲むことに抵抗がある方は、サラダやヨーグルト・トーストにかけて食べても同様の効果が得られますので、是非試してみてくださいね。

美肌効果

美肌効果

オリーブオイルの色素成分であるクロロフィルには、体内の毒素を排泄するデトックス作用があるので、ニキビや吹き出物などの炎症を鎮める効果が期待できます。

また、直接肌に塗って美容液として使われているように、その方法は体内に摂るだけに留まりません。

というのも、オレイン酸は人の皮脂と同じ働きをしてくれるので、オリーブオイルを塗ることで乾燥を防ぎ、小じわや肌のくすみを改善してくれるのです。
オレイン酸以外にも、ミネラルやポリフェノール・ビタミンEも豊富に含まれているので、肌へたくさんの栄養を与えてくれます。

オリーブオイルを使う時の注意点

オリーブオイルにはバージンオリーブオイルとピュアオリーブオイルの二種類があります。化学処理を行っていない一番搾りのオリーブオイルがバージンオリーブオイルですが、効果も高いので是非バージンオリーブオイルを使うようにしましょう。

ピュアオリーブオイルも健康効果はありますが、おもに加熱用として使われているので注意が必要です。

保存は、直射日光を避けて、暗い所にしてください。冷蔵庫での保存はNGです。
また、いくら健康に良いと言っても、カロリーは他の油類とほぼ同じ5gで46kcalなので、摂りすぎは禁物です。
目安は一日大さじ1~2杯とされています。

健康は毎日続けることが大事です。
オリーブオイルも、毎日少しずつ長期的に摂るのを心がけて、あなたの健康と美容に役立ててくださいね。

ページトップボタン