NaturallyロゴNaturallyロゴ

“自然”と“キレイ”にこだわる女性のための情報サイト

2017/12/2 08:40

末端冷え性のあなたに!知っておきたい原因と改善方法

  
末端冷え性のあなたに!知っておきたい原因と改善方法

これからの寒い時期、末端冷え性にお悩みの方には特につらい季節です。
末端冷え性とは、体は温かいのに「手先や足先だけ」が冷たく感じる症状です。

冷え性や低体温は万病の元とも言われていて、放っておくと身体のだるさや顔色の悪さなどの美容面だけでなく、実は健康面でも多くのデメリットがあるのです。

長い間冷え性で悩まされている方も少なくないと思いますが、今年こそはその原因を知って冷え性を改善しましょう!!

末端冷え性の症状

末端冷え性の症状

末端冷え性にも様々な症状がありますが、代表的なものは以下の通りです。

・手先や足先だけが冷える
・布団に入っても足が温まらず、眠りにつきにくい、または眠りが浅い
・足がむくみやすい
・冷えが原因で腰痛や肩こり、頭痛が起こる
・貧血、動機、めまいなどが起こる
・肌荒れ、生理不順

末端冷え性の原因

・血流循環が悪い:
血液の流れが良いと、循環している血液が熱を全身に運んでくれます。
しかし血液の流れが悪くなると、脳が血液循環に優先順位をつけて血液を流すようになります。
その結果、心臓から遠い手先や足先に血液がうまく流れなくなり、熱が行き届かず、冷えてしまうのです。


・代謝の低下:
血流が悪くなると栄養も体全体に運ばれなくなり、老廃物が溜まってしまいます。
内臓に老廃物が溜まってしまうと、さらに血流が悪くなるという悪循環が起こるのです。
代謝が悪くなると内臓の働きも低下してしまい、その結果冷えてしまいます。


・筋肉量の低下:
身体の中で熱を作り出す最大の器官は筋肉です。
女性は男性に比べて筋肉量が少ないので、冷え性が女性に多いのはそのためです。
当然、運動不足で筋肉量が落ちている人も、冷えやすくなります。
男性でも筋肉量の少ない人は冷えに悩んでいる人もいます。


・自律神経の異常:
自律神経がうまく機能しないと、冷えやすくなることがあります。
自律神経は身体が正常な状態を保つように体温などを調節し、命令をする神経です。
夏場でも冷房の効いた室内にいて、外との気温差が激しくなったりすると、自律神経が乱れて暑い時でも冷えてしまうことがあります。

末端冷え性の改善方法

1.運動をする

運動をして冷え性改善!

筋肉量が低いと冷えやすくなるので、当然筋肉量を増やせば冷えにくい身体になります。
なので一番の方法は運動をして筋肉量をアップさせることです。
週に2〜3回、1日30分以上の運動をすると良いでしょう。
ウォーキングやストレッチなどを取り入れると生活にもメリハリがつくので良いですね。
特にスクワットは、太ももの大きな筋肉を鍛えられるのでおススメです。
体温の上昇はもちろんのこと、血流の巡りも良くなることが期待できますよ。



2.身体を温める食事を摂る

身体を温める食事を摂る

末端冷え性は血行が関係しているので、食事で身体の中からキレイにすることを心がけましょう。
食べ物でも身体を温めるものと冷やすものがあるので、温める食材を積極的に摂るようにしてください。

身体を温める食材は、にんじん・大根・ごぼう・かぼちゃ・生姜などの根菜類
基本的に土の中で成長するものが良いと言われています。
逆に身体を冷やす食材は、トマト・バナナ・白砂糖・コーヒーなど。

生野菜はあまりよくありません。
トマトも火を通すと冷えを起こしにくくなりますし、砂糖を使う場合は白砂糖の代わりに黒砂糖を使うと良いです。



3.ストレス発散
ストレスを感じると、血管が収縮してしまい血流が悪くなります。
リラックスタイムは一番のご褒美ですよ。

ストレス緩和の効果を期待できる栄養素、ギャバを摂取するのも良いでしょう。
ギャバはトマトやじゃがいも・玄米などに多く含まれています。



4.お風呂に浸かる

冷え性には入浴がオススメ!

シャワーで済ませる人も多いと思いますが、入浴は身体を温めるために特におススメです。

37〜40℃くらいのお湯で15分以上じっくり浸かると良いです。
お風呂に浸かれない方には足湯だけでも違います。
40℃くらいのお湯と冷水に2〜5分ずつ交互に入れると血行が良くなりますよ。



5.ツボをマッサージする
仕事中や就寝前など、すぐに手足を温めたい時にはツボ押しを試してみてください。
冷えに効くツボをいくつか紹介します。

・三陰交(さんいんこう)
足の内側、くるぶしの一番上から指4本分くらい上にある、すねの骨のすぐ後ろにあるツボです。

・八風(はっぷう)
足の甲にあるツボで、足の親指から小指まで、5本の指の付け根の間部分にあります。

・湧泉(ゆうせん)
足裏の土踏まずの少し上、中央あたりにあるツボです。足の指を曲げると少しへこむところ。

・指間穴(しかんけつ)、虎口(ここう)
手のひらの親指の付け根(虎口)と人差し指から小指までのそれぞれの指の間の付け根(指間穴)にあるツボです。
両手の親指を重ねてゆっくり押し、少しずつ力を入れてみてください。
5秒くらい押して5秒かけてゆっくり離す、を10回程度繰り返しましょう。
じんわりと温かくなってくるはずです。


冷えを感じる人は、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れが関係していることも多いようです。
まずはあなたのできるところから、日々意識してコツコツと対策することで冷えを改善させていきましょうね。

ページトップボタン