NaturallyロゴNaturallyロゴ

“自然”と“キレイ”にこだわる女性のための情報サイト

2017/05/23 15:30

あなたの霊感度は?霊感が強い人の特徴まとめ

  
あなたの霊感度は?霊感が強い人の特徴まとめ

あなたの周囲に「霊感が強い人」はいますか?もしくはあなた自身が気づいていないだけで、実はその能力を秘めているかも…
今回は霊感が強い人の特徴と、霊感があるかどうか簡単に確認できるセルフチェックをいくつかご紹介します。

霊感は誰しもが持っている

幽霊が見える人のことを「霊感がある」と言うことがありますが、厳密に言うとこの表現は間違い。
「霊感」というものは、誰しもが持っているものなのです。

生まれながらに全ての人が持っている生命エネルギーであり、人間の本能のようなものとも言える霊感。
性格に個性があるように、霊感にも個性や個人差が現れるため、幽霊が見える人、見えない人に分かれます。
その差は、霊感が「あるか・ないか」ではなく、「強いか・弱いか」という話になってきます。

「20歳までに幽霊を見たことがなければ、その人は霊感に縁がない」といった都市伝説的な噂も多く耳にしますが、必ずしもそうとは限りません。
確かに霊感は小さい子供の方が鋭く、だんだん大人になるにつれて能力が消えていく、と言われています。

しかし、例えば交通事故で生死の境をさまよう、身近で親しい人の死、といった経験がきっかけになって、霊感が急に強くなる人も存在します。
人生はいつ何が起こるか分からないように、元々持っているものである以上、霊感がいつ、どのような形で発揮されるかは、自分でも分からないのです。

霊感は遺伝する!

霊感は遺伝する!

見た目や性格がそっくりな親子は多く存在しますが、霊感も遺伝する能力のひとつと言えるでしょう。
霊感が強い人は、代々霊感家系である場合が多く見られますし、親がそうではないので遺伝ではないと思っていたら、祖母がかなり霊感の強い人だった…という、いわゆる隔世遺伝といったものも存在します。

しかし、忙しさや時間に追われがちな現代社会では、生まれ持った霊感を弱め、鈍らせてしまう要因が多くあります。

  • ・テレビやスマートフォン、パソコンなどの電子機器に触れている時間が多い
  • ・自然や芸術など美しいものに触れる機会が少ない
  • ・ファストフードやコンビニなどのジャンクフードをいつも好んで食べている
  • ・飲酒、喫煙、コーヒーなどの嗜好品を多く摂取する習慣がある

こういった行動は、人間が本能的に持っている霊感を鈍らせてしまいます。
ひとつでもあてはまった方は多いかと思いますが、全てが行き過ぎてしまうと、霊感に限らず、視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚の五感も鈍らせてしまうことがあるので注意が必要です。

あなたの霊感の強さは?

Check1:予感や夢が現実になることがある

Check2:寒くないのに鳥肌が立つことがある

Check3:音や匂いに敏感すぎる

Check4:金縛りにあったことがある

Check5:宿泊地や初めて訪れた地で、妙に落ち着く場所と落ち着かない場所がある

Check6:どんなに楽しい時間でも、人と会った後は異常に疲れる

Check7:生と死の境界線が曖昧に感じることがある

これらの項目の内、4つ以上当てはまった場合は「霊感が強い」タイプだといえるでしょう。
幽霊が見える、見えないだけが霊感の強さを知る基準ではありません。

また、霊感が強いと見えなくていいものが見えたり、人よりも疲れやすかったりと、「良いことは全然ない」と思ってしまうかもしれませんが、決してそうではありません。

自分の力を知り、上手くコントロールすることで、

  • ・危険を察知して回避する
  • ・インスピレーションで困難を切り抜ける

といったメリットも、得ることができます。

正しい知識で霊感と付き合う

正しい知識で霊感と付き合う

霊能者レベルの霊感を目指さなくとも、せっかく誰しもが持っている能力なのであれば、それを上手く活用したいですよね。
霊感を鍛えるにはまず、五感を研ぎ澄ませることが大切です。


① 太陽の光、風の感触、空気の匂いを全身で感じてみましょう

② 食事は目で見て楽しむことも意識し、食材の感触や匂いも確かめながら味わいましょう

③ 就寝時はテレビをつけっぱなしにしたり、枕元に携帯電話を置いて寝るのをやめましょう


これらを普段から意識することで五感が研ぎ澄まされ、自然と第六感(霊感)が現れて、その力を発揮してくれます。

「霊感」は怖いものではなく、あなたの人生をより良い方へ変えてくれる生命エネルギー
正しい知識を持って、ぜひ自分の霊感と向き合ってみてくださいね。

ページトップボタン