NaturallyロゴNaturallyロゴ

“自然”と“キレイ”にこだわる女性のための情報サイト

2017/05/25 16:25

誰でもできる!心をスッキリさせる瞑想の方法とその効果

  
誰でもできる!心をスッキリさせる瞑想の方法とその効果

「瞑想」と聞くと何をイメージするでしょうか?一度は耳にしたことがある人がほとんどだと思いますが「実際にやったことがある」という人はかなり少ないのではないでしょうか。
やってみると言っても、何となく難しそう…と感じたり、ある信仰に熱心な人がやるものでは…と感じたり、そもそも瞑想をやる意味とは何なのか、という疑問も生まれてくるかもしれませんね。

しかし実際の「瞑想」はとても身近で、誰でも簡単に行うことができます。
その効果とやり方について、紹介していきましょう。

瞑想の目的とは何か

瞑想は宗教の修行のひとつと認識されることがありますが、そうではありません。もちろんその意味を持つこともありますが、だからといって特定の人しかできない、やってはいけないことではありません。
感覚的には、日本の座禅に似ています。

瞑想そのものが持つ目的は、人の心の不安や迷いをなくし、新たな人生の道筋を自分の中で明確化すること。
もしくは、目標は定まっているものの、迷いを抱えてしまっている場合に、瞑想を行うことでその目標の達成に向けて真っすぐ集中できるようになります。

もっと大きく広い意味でいうと「自分を見つめなおす」という捉え方ができるでしょう。

スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、イチロー、レディ・ガガ、ミランダ・カーなど、多くの著名人が瞑想を実践しています。
世界に名を馳せる能力や魅力を持った人ほど、自分と対峙する時間が必要になるのかもしれません。

瞑想の基本的なやり方

瞑想の基本的なやり方
①背筋を伸ばして座る

一般的には胡坐のイメージですが、正座の方が良ければ正座でも問題ありませんし、足腰が辛く床に座る行為が難しければ、椅子に腰をかける形でも大丈夫です。
猫背にならず、背筋を伸ばすということが大事なので、その点だけ守れていれば、座る体制に決まりはありません。

②いつもより深く呼吸をする

呼吸は全て鼻で行います。
最初は息を無理に吸うのではなく、まずは息を吐き切るようにしましょう。
これ以上無理、というところまで吐き切った後は、自然と鼻から息が入っていきます。
何度か繰り返す内に、深く息が吸い込めるようになりますから、最初は上手くいかなくても大丈夫です。

③呼吸を繰り返す中で、自分の内面で起こっている全てのことに意識を向ける

時間としては、最初は5分から始めてみましょう。
初めてやった時は、5分でもとてつもない長さに感じるはずです。その後慣れてきたら、10分、15分と時間を長くしていきます。
15分間できるようになれば、瞑想をマスターしたと言えるでしょう。

瞑想を行う際の重要なポイントは、どれだけ事前に良い環境作りができるか、という部分。
心と体をリラックスさせる必要があるので、ヒーリングミュージックを流したり、好きな香りのアロマを炊いたり…自分が居心地よいと感じる空間を作るようにしましょう。
また、携帯電話などの電子機器は電源を切る、もしくは機内モードなどにして電波を受信しないような状態にして、部屋のドアや窓は完全に締め切って行うことも大事です。
いわゆる「雑念」になり得るものは全て排除してから瞑想を始めると、慣れるのも早いですよ。

瞑想の効果と活用法

瞑想の効果と活用法

瞑想を行うメリットと効果は何か。
これには様々な回答がありますが、始めてすぐに現れる効果として「自分の衝動を抑えることができる」という点が挙げられます。

何か行動を起こす前に、一呼吸置いて考えることができるようになり、結果的に人間関係が良好になり、周囲からの信頼を高めるという効果を得ることができるのです。
私たちは生きていく上で他者との関わりを避けることはできませんから、そういった意味でとても重要な効果といえるでしょう。

また、それだけではなく、思慮深い意志決定が行えるようになることで、「新しいことに気づく能力」も自然と向上します。
古い習慣に捉われず、新しい様式を発見する気づきの力。
これは個人の成長においてとても重要な要素といえるでしょう。

他にも、

  • ・集中力が高まる
  • ・ストレスが軽減される
  • ・記憶力を高める
  • ・観察力を高める
  • ・免疫力を高める
  • ・幸福感を高める

といった多くの効果があります。

さらに瞑想は、脳科学的にも人間に良い影響を与えることが証明されています。
瞑想中の人間の脳をMRIスキャンしたところ、日常行っている「情報処理」が完全に停止している状態=リラックスした状態になっていることが分かりました。
そのため実感として「体も心も非常に休まる」という感覚があるのでしょう。
また、慢性的にストレスを感じている210人に半年間瞑想を実践してもらったところ、ストレス遺伝子が減少していたという結果を、ハーバード大学院の研究チームが明らかにしています。


科学的根拠に基づいて、良い効果が得られると実証されている瞑想。方法も簡単なので、誰しもがすぐに取り入れやすい習慣といえるでしょう。
悩みを抱えた時、心がスッキリしない時、漠然とした不安を感じる時…瞑想がこれから先を照らすひとつのきっかけになってくれるかもしれません。
準備に時間やお金がかかるものでもないので、ぜひ実践してみてくださいね。

ページトップボタン