NaturallyロゴNaturallyロゴ

“自然”と“キレイ”にこだわる女性のための情報サイト

2017/09/26 09:35

「彼女止まり」と「結婚を意識させる」女の違いとは?男の本音を徹底解説!

  
「彼女止まり」と「結婚を意識させる」女の違いとは?男の本音を徹底解説!

「付き合う人と結婚をする人は別」という言葉はよく耳にしますよね。
若い頃はそれでも良いけど、20代も後半に差しかかって、そろそろ結婚を意識し始めると、自分は「結婚をする人」の中に入れているのか?今の恋人は自分を結婚相手としても見てくれているのか?
そんなことばかり気になってしまうなんてことも。

その考え方は意外と男性の方がシビアで、「交際相手」と「妻にする人」をきっちり区別していることが多いといいます。

ではその境界線はどこなのか?どんな女性なら、結婚相手として意識をしてもらえるのか、男性の本音を掘り下げてみましょう。

男性が見ているポイント5つとは

金銭感覚が似ているか

結婚をして家計を共にした時、お互いの金銭感覚の違いは、その後の関係にも響いていきます。

最初は「このくらいいいか…」と思っていたことが、どんどん蓄積されて不満が爆発…なんてことはよくある話。

お付き合いしている時は、それぞれの収入や支出があるので、相手もきっと文句を言うことはないでしょう。
しかし、毎月の収入は全部好きなブランドやコスメに費やして、貯金なんて一切ない…
そんなところを意外と男性は見ていて「結婚できない女」認定されているかも…思い当たる人は、少し自分のお財布事情と経済観念を見直してみましょう。

一緒にいて落ち着くかどうか

よく聞く話ではありますが、恋人には刺激を求めるのに対して、結婚相手に求めるのは安心、安定だと答える人は、男女関係なく多いです。

女性としてとても魅力的で一般的にモテる女性は、会う度にときめきを感じられるしとても魅力的ではありますが、男性からすると、結婚相手としてはなかなかハードルが高い様子。

もちろん、女性としての魅力は大切ですが、それを武器にして周りに振る舞っているのを見ると、結婚しても他の人と浮気をするのではないか…といった不安が尽きないのでしょう。

それよりも、一緒にいて落ち着いて、安心できるかどうか、という部分を重視して、結婚相手を見極める男性が多いのです。

男性が見ているポイント5つとは
気分に波がなく安定しているかどうか

恋愛をしている時は、少々激しい嫉妬も「それだけ愛してくれているんだな」と許容できますが、結婚となると話は別。

「私のこと本当に好きなの?!」と感情的になって問いただしてしまうような女性は、結婚どころか愛人のような状態になってしまいかねません。

恋人は楽しい時間だけを共有すればいいし、疲れている時に無理に会う必要はありません。
しかし結婚相手は別で、どんな時間や気持ちも共有していく必要が出てきます。

ヤキモチをやいたり駄々をこねるのはほどほどに。結婚生活はとても長く続いていくものであるが故に、穏やかで大らかな気持ちで相手と接したいものです。

自分の家族や友達に会わせたいかどうか

恋人関係であれば、2人きりの世界を楽しむことができれば良いので、お互いの家族や友人に会う必要はありません。

しかし結婚相手となると話は別。男性は、結婚を考える女性には積極的に友人や家族を紹介しようとしてくれます。自分が選んだ女性を友人や家族にも見てほしい、という気持ちが自然に働くからです。

一定期間以上お付き合いしていて、結婚もそろそろ意識しているのに、彼氏の交友関係や家族のことをあまり知らないし、紹介してくれる素振りもない…そんなあなたは危険信号ですよ。

信頼関係が築けるかどうか

結婚生活において必要不可欠とも言えるのが、お互いの信頼。これが全ての基本であり、結婚相手を選ぶ最重要基準とも言えるのではないでしょうか。

相手を好きなあまりに、いつも嫉妬心や疑いを向けたりしていませんか?
それでは相手を疲れさせ、関係に溝を作ってしまうことになるでしょう。

相手からも信頼されるために、自分自身が常に誠実でいるよう心がけることも大切です。

 基本的だけど大切なこと

基本的だけど大切なこと

男性が思う恋人と結婚相手の違いを5つ紹介してきましたが、かなり意外!というものはなく、「確かにそうだ」と納得できるものが多かったのではないでしょうか。
しかし、その条件を全て満たして、お互いが結婚を意識できるようになるというのは意外と難しいもの。

結婚となると、男性は女性よりも周りの目や社会的な体裁を気にすることが多いので、それを理解してあげるのも大切なポイントだと言えるでしょう。

結婚したいのに、なかなかタイミングが合わない、相手から決定的な言葉をもらえない…そんな方はぜひ、このポイントをもう一度見直してみてくださいね。

ページトップボタン