NaturallyロゴNaturallyロゴ

“自然”と“キレイ”にこだわる女性のための情報サイト

2017/09/28 11:55

好きな人には彼女が…!でもあきらめられない時の効果的なアプローチ方法

  
好きな人には彼女が…!でもあきらめられない時の効果的なアプローチ方法

好きになった相手に彼女がいた場合、あなたならどうしますか?

そんなこと関係ない!と積極的にアプローチできる人もいるでしょうが、結果的に本人に嫌われてしまったり、周りからは白い目で見られてしまう、なんてことも…

そうならないためにも、どのように立ち振る舞うべきなのか、効果的なアプローチ方法をご紹介します。

 「好き」な気持ちは隠さず、さりげなくアピールをする

本人や周囲の迷惑を考えずにアプローチするのはNGですが、だからといって好きな気持ちを隠し通しても、状況は何も進展しません。そこで最初のポイントになってくるのが、好きな気持ちをどのように伝えるか、ということです。

例えば、「あなたと付き合いたい」「彼女と別れて」などストレートすぎることは、絶対に言ってはいけません。

彼女と破局寸前の状態ならまだしも、突然このように好意を伝えても相手を困らせてしまうだけです。

彼女の存在が気になるからと言って、あなたの方からその話を振るのもNG。別れてほしいという本心はどうしても出てしまうし、あなたの存在が「重たい」と思われる可能性もあるからです。

大事なのは、彼にいかにさりげなく「好き」な気持ちをアピールできるか、という部分。

例えば「相手の良いところを褒める」のは、とても有効な方法です。「○○くんって、こんなところがあるよね。前から良いなと思ってたよ」と本人が気づいていないような些細な部分を指摘してあげると、なお良いでしょう。

男女関係なく、人は自分の知らない魅力を教えてくれる相手に対して心を開きやすい傾向にあります。

また、男性が感じる「好き」アピールの内、とても分かりやすくて嬉しいものが「自分の夢や仕事を応援してくれる」ことなんだそうです。

頑張っている時はもちろん、疲れている時に労いの言葉をかけてもらえると嬉しく感じますよね。

自分のことをそばで見てくれていたんだ!という喜びと安心感を抱くことで、好意の気持ちが芽生えやすくなります。

 「別れたら」を前提に、告白をしておく

「別れたら」を前提に、告白をしておく

先ほど伝えたように、彼女がいると知っているのに「付き合いたい」とだけストレートの伝えるのはNG。しかし「それなら、今の彼女ともし別れたら、付き合ってよ」と言う分には、特に問題ないでしょう。

ポイントは、そこまで重い雰囲気にならないよう、しれっと軽く伝えること。「今の彼女との交際は応援しているけど」くらいのスタンスでいる方が、相手も受け止めやすく、あなたの存在を意識するきっかけになりやすいですよ。

彼女がいる男性が、いつも幸せいっぱいとは限りません。ケンカをした、不満がある…といった状況に陥った時、想いを伝えてくれたあなたの存在を思い出してくれるはず。

そういった意味でも、気持ちを伝えておくのとおかないのでは、その後の関係が進展する可能性がかなり変わってきます。

 女友達として信頼関係を築いておく

女友達として信頼関係を築いておく

ここまでで説明したように、好きな相手に彼女がいたからといって未来が全くない、あきらめるしかないというわけではありません。最後のポイントとして、女友達として仲を深めていく、という方法があります。

彼と全く連絡をとらないでもなく、恋愛のアプローチをどんどんしかけるでもなく、定期的にご飯や飲みに行くという、いわゆるグレーゾーンな関係を築いていくことです。

そうすることで、より深くお互いのことを知ることができ、信頼関係も自然と深まっていきます。

男性としても、彼女には話せないけど女友達なら話せる、という内容も意外と多いもの。そうして同じ時間を共有する中で、彼にとって彼女よりもあなたの方が大切な存在になっていた、というのはあり得る話。

また中には、気づけば恋愛感情がなくなって、そのまま女友達としてずっと仲良くしているという人も多いと聞きます。

少し時間はかかってしまっても、相手のことを深く知りながら自分の気持ちとも向き合うこともできるので、焦らないことが大切です。

相手に彼女がいたとしても、一度好きになってしまった気持ちはどうしようもありません。

そんな時どのように行動するかで、その後の相手との関係や、周りからの印象もぐっと変わってきます。大事なのは、いかにポジティブに「好き」の気持ちを伝えられるか、という点。

ただの片想いよりも辛いことが多いかもしれませんが、ぜひここで紹介した大切なポイントを意識して、恋愛を成就させていってくださいね。

ページトップボタン