NaturallyロゴNaturallyロゴ

“自然”と“キレイ”にこだわる女性のための情報サイト

2017/09/29 09:25

置く場所を間違えると不幸になる!?風水の重要アイテム「鏡」の正しい使い方

  
置く場所を間違えると不幸になる!?風水の重要アイテム「鏡」の正しい使い方

普段から何気なく使っている。日常生活においては必須アイテムとも言えるので、自宅に鏡がひとつもない…という方は、めったにいないのではないでしょうか。

しかしこの鏡、風水においてかなり重要なアイテムであり、使い方を少し間違うだけで、悪い気を一気に引き寄せてしまう危険な面も持っているのです。

日常的に使うものだからこそ、正しい知識を持って、悪い気ではなく良い気を引き寄せたいですよね。
今回はそのポイントを、分かりやすくお伝えしていきます。

 形や大きさによって効果も変わる

形や大きさによって効果も変わる

鏡には様々な種類があり、それによって発揮される効果も異なってきます。

風水という観点からいくと、出来るだけ全身が映るような鏡を持つと良いとされています。家の中にそれほどのスペースがない場合は、せめて上半身だけでも映るものを選ぶと良いですよ。

形については、縦長の大きな鏡は物事の流れを良くしてくれ、横長の鏡は心をリラックスさせる働きがあります。
楕円形の鏡は、女性らしさを引き出してくれます。

鏡には良い気や運を引き寄せ、反対に邪気を反射する力がありますが、その中でも「三面鏡」には注意が必要です。

三面鏡は物事が何重にも重なって映るため、邪気が反射し合い、部屋の中に溜まってしまうのです。いろんな角度から見ることができるので便利ですが、風水的には良くないことを知っておきましょう。

 その場所に適した置き方をしよう

玄関、トイレ、リビングなど、家の中にはさまざまな役割を持つエリアが多数存在しています。もちろん、その場所によって、鏡の効果や置き方も変わってくるので、それぞれポイントを押さえておきましょう。

玄関

全ての気の入り口とされるのが玄関。そのため、玄関の正面に鏡を置いてしまうと、全ての運気が跳ね返って出ていってしまいます。

鏡を設置するのであれば壁側が良いでしょう。
玄関のドアを背にした時に右の壁に飾ると仕事運アップ、左の壁に飾ると金運アップの効果がありますが、よくばって両方に飾るのはNG!三面鏡が良くないとされているように、合わせ鏡は不幸を呼ぶ原因となってしまいます。

寝室

ドレッサーを寝室に置いている人も多いかと思いますが、鏡を寝室に置くことは、風水上あまり良いことではないのです。

特に、自分の寝ている姿が鏡に映り込むような位置に置くのは絶対に避けてください。

寝ている間に、良い気がどんどん吸い取られてしまい、安眠ができない、疲れが取れないという悪循環に陥ってしまいます。
それだけでなく、恋愛運も下がってしまうのです。
どうしても位置を変えられない場合は、寝る間は布などカバーをかけて対策を行うようにしましょう。

また、寝室の場合も玄関同様に、扉の正面に鏡を置くのは避けたいところ。

寝室の扉は基本的に閉まっていることが多いので、扉の正面に鏡を置くと邪気や陰気が反射して室内に溜まって、睡眠時の運気低下につながってしまいます。

こちらも位置を動かすことが出来ない場合、普段から寝室の扉を開けておくように心がけましょう。

トイレ・浴室

鏡は一般的に「美容運」も大きく左右すると言われており、排泄をして体の汚れを落とすトイレや浴室に置く場合は、かなり密接な結びつきが発生します。

このふたつの場所にある鏡は、とにかくしっかりと磨いて、きれいな状態を保つことを心がけましょう。

曇りや汚れは、そのまま運気の低下や悪い気を集めてしまうことにつながります。

トイレや浴槽そのものも大事ですが、そこにある鏡にもちゃんと気を遣ってあげましょう。

 鏡を意識して運気アップを

鏡を意識して運気アップを

基本的に鏡は、きれいな状態にしておくのが大切です。トイレ、浴室に置いてあるものに限らず、こまめに磨くようにしましょう。

また、鏡の持つパワーをさらに倍増させてくれるアイテムとしては「観葉植物」がおすすめです。

鏡の中に観葉植物が映る状態で置くことで、生気が倍増されて良いエネルギーが部屋に広がっていきますよ。

普段無意識に使用しているアイテムが、風水では気を付けたい重要なものだったりします。

最近不調を感じていたり、もっと良い運気を取り込みたいと思っていたりする場合は、ぜひ鏡に注目してみてはどうでしょうか。

ページトップボタン